YouTubeチャンネル拡充していきます。チャンネル登録はココからできます

YouTube配信用コンデンサーマイクにはMarantz MPM-1000Uを選んでみた

コンデンサーマイクというのは、簡単にいうと『レコーディング用マイク』となります。

どうやら学校の校長が集会で使用するものとは違うようです(笑)

実際初めて使ってみたんですが、いやーマジでビックリします。めちゃくちゃ音が綺麗で、なんだか気分はラジオのDJみたいです!!

YouTube配信用のコンデンサーマイク選び

そもそもYouTube チャンネル登録者数を増やすことを目標にまずは機材の調達をしています。

どういったものを揃えて行くか、なんですけども下にまとめてみました。

・コンデンサーマイク
・カメラ
・PC 画面をキャプチャーするためのソフト
・動画編集ソフト

動画配信に至っては全くズブの素人なので、機材の調達に失敗することもあると思います。

この中でも、まずはコンデンサーマイクを発注し本日届きました。

選んだコンデンサーマイクはMarantz  MPM-1000U です。

コンデンサーマイクのエントリーモデル『Marantz MPM-1000U』

1000の後ろにつく「U]というのは USB の略になります。

MPM-1000というモデルもありますので注意が必要です。

新品のmarantz MPM-1000U

Marantz MPM-1000Uを選んだ理由

とにかく初心者がお試しで購入しやすい価格が魅力ですね!

コンデンサーマイクは安ければ2000円ほどから高ければ数万円までありましたその中でも この MPM-1000Uはお買い得な部類に入るのではないでしょうか。

marantz MPM-1000Uを持つ男性

オーディオインターフェイスが不要

私が機材を調達する上で、できるだけコストを抑えることに重点を置きました。

通常コンデンサーマイクというのは、オーディオインターフェイスが必要になるみたいで、この MPM-1000Uに関して言えばパソコンに、USBケーブルで繋ぐだけの仕様となってます。

特別、設定というものも必要なくパソコンに繋いですぐに使える状態になりました。

marantz MPM-1000UのUSB差し込み口を確認する男性
USBコードを持つ男性

実際に使ってみた感想

良いところ

集音する距離は10 CM以内、このくらいでは声をきれいに拾えていると感じます。

他のコンデンサーマイクとの比較ができていないので、単体での評価になるんですけども十分に使えるマイクではないかと思います。

単一指向性で10 CM以上マイクから離れてしまうとかなり声も遠い状態になってしまいます。ですが、逆に雑音は拾いにくいマイクだと言えそうです。

少し離れた距離で使うことには適していないと感じます。その場合は他のコンデンサーマイクにオーディオインターフェイスを用意しなければならない。それぞれの用途に応じた機材が必要となると思われます。

Marantz MPM-1000U でできるようになったこと

YouTube のチャンネル拡充にあたって、まず考えたことが PC 画面のキャプチャー配信だったんですが、この『MPM-1000U』 と『Apower soft』を利用して PC 動画のキャプチャー配信ができるようになりました。

これまでマイクというものを全く持っていなかったので、 PCで音声入力ができるようになった。これはブログの記事を書く際にもかなり便利と言えます。

YouTubeで実際に使ってみてどうなの?

実際に音声も確認できるよう、早速動画を作成しました。時々ポツポツと雑音が入ります。
これが唯一の欠点ですね。⇩から確認できます。

【Marantz MPM-1000U】YouTube動画配信用に買ったコンデンサーマイクはコレ!

まとめ

実はこの記事も MPM-1000Uと音声入力を利用して書き上げてみました。それが書き上げたというのかどうかは別にして(笑)

これによってブログと同時進行でYouTube動画チャンネル登録者数1000人も視野に!!(笑)

現在登録者数は4人です。

応援の意味でも、登録していただけると喜びます(笑)

ブログ村ランキングで1位目指しています。ポチっとご協力ください。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント