YouTubeチャンネル拡充していきます。チャンネル登録はココからできます

住宅ローンを目の前にして不安になる

急ですが、少し脱線したいと思います。

「結局ローンが、通らず…」

「契約直前までいったんですが、奥様にナイショ事があったようで…」

「契約が白紙になったんです…」

不動産を探していると上記のような事を、よく耳にします。
お金を見つめて悩んでいる女性

ローンがおりないって、よくあるの?

逆に探していない方は、ほとんど聞いたことがないような話ではないでしょうか?

そんな私は探しだしてから、チョイチョイ聞いた側です(笑)

 

(奥さんに内緒の借金て・・、)

(不動産屋も大変だねぇ。)

(あらら、またまたそんな馬鹿野郎がいるの?)

(え。多すぎね…汗)

(い、いや、大丈夫かよ。他人事だけど、なんで落ちるんだよ。)

(ち、ちょっと、どんな理由があるのか調べてみるか…)

と。

こんな感じで不安になるほど、見聞きしたわけです。

住宅ローンに疑問を持っている男性

 

不動産関係者がよく言う基準にしてるもの

初めは本当に他人事ですわ(笑)

よく不動産屋が確認したがるのは、所得が300万あるのかどうか。これが単純なラインのようです。

「あずすなずさんなら大丈夫です」

「ローンの心配はないですね」

こんな言葉を鵜呑みにして天狗になっていました。

私も理由を調べて信じきってたんですわ。
そんな私はローンで苦労しました(笑)
まぁ少し理由は異なりますが・・

返済可能額というものがあるが

少し脱線しましたが、不動産関係者が言う基準は、あくまで基準であります。
300万の年収だから2500万まで借りれるとか、600万あるから4000万まで大丈夫とかいう、返済可能額です。

貴方が過去に消費者金融から借りていた事があり、その返済に遅れたことがあったり。

今回組む住宅ローン以外に巨額の借り入れがあったり。

 

クレジットカードの支払期限を守ることができないことが多々あったり。

こんなことは無いことが前提のお話なのです!

住宅ローンを目の前に、油断は大敵

普段クレジットカード申し込み時に特典があるからと言って、何枚も申し込んで所有していたりしませんか?
クレジットカードには、キャッシング枠がいくら、ショッピング枠がいくらと設定されていますよね?
それらも含め自分の返済可能額と考えましょう。

私も住宅ローンを申し込む前に、自動車ローンを完済しました。クレジットカードの枚数を減らしました。

ローンに苦労した私からのアドバイスですが、頼れるものは頼ってください。
、工務店それぞれお抱えの取引銀行があります。自分に少しでも不安がある方は、そのルートで。承認されれば、条件の良い銀行へ。
このように住宅ローンを、たったひとつの銀行のみで決めてしまう必要もありません。

いくら家や土地をお得に購入できても、ローンの条件が悪ければ、それ以上の負担となります。
なので良い条件の住宅ローンを組むことができるように、身辺は必ず整えましょう。

ブログ村ランキングで1位目指しています。ポチっとご協力ください。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント