YouTubeチャンネル拡充していきます。チャンネル登録はココからできます

室内物干しワイヤーのおすすめはこれ pid 4M 

こんにちわ、ブログ管理人のあずすなずです。

私が家づくりの段階で、失敗だったと思われる部分が2点あります。

  • 土間に少し小部屋的に、ウォークインクローゼットを作ればよかった
  • ランドリールームなるものを作ればよかった

以前からのライフスタイルを、すっかり忘れてしまっていたのでしょう・・
追加で40万払ってでもウォークインクローゼットは1階にも作ると便利でしたねぇ・・

ランドリールームとは洗濯機置いて、そこで干したり畳んだりできる小部屋です。

我が家と同時期に建てた方が、ブログで内覧会していました。めちゃめちゃ使い勝手良さそうでしたよ!
ま、まぁそんな後悔もある我が家ですが、ランドリールームに対しては、その頃の私なりに対策はしたものです。

我が家の洗濯物事情

洗濯干し竿置き場

唯一の外部での干し場所となる、2Fのインナーバルコニーです。
我が家は物干し竿受けを、インナーバルコニーの手すり下の、この位置に設置してもらいました。マンションに多いタイプですね。
この位置につけた事による利点は表通りから洗濯物が見えない事。

洗濯干し竿置き場
通常はこの頭上にぶら下がる形で設置される為、洗濯物が丸見えになってしまいます。

インナーバルコニーが南を向いていることも要因の一つかもしれませんが、お日様に当たっていなくても洗濯物は十分乾きます。

勿論これだけではありません。雨が降った日、室内干しが必要な時に役立つのが

pid 4M 室内物干しワイヤー

pid 4M 室内物干しワイヤー 森田アルミ工業

pid 4Mの良いところを

どんな家にも似合うデザイン

室内物干しワイヤーpid 4M

デザインは、いたってシンプル。そのシンプルさが設置する場所の雰囲気を崩しません。
うまく馴染んでくれるんです。ワイヤーさえ収納していればリビングに設置していても違和感はないかと思われます。

pid 4Mは場所を選びません

pid 4Mの良いところは、デザインは持ち論なんですよ(笑)
しかし本当に良いところは・・

場所を選ばないところ!

室内干し用アイテムだけでいえば、人気商品は干し

星の数ほどあります。しかしこれほど場所を選ばないものはありません。

階段の踊り場だって設置はできるんです。

家というのは、若いうちに建てても何十年と住むことを想定し、間取りや機能を考えなければなりません。歳の経過とともに2階のバルコニーまで上がって干していた洗濯物も1階で干したり。ましてや3階建ての屋上バルコニーがあるお宅でも、いずれ機能しなくなる可能性が高いです。建物が大きければ大きい方が良いって考え方は、よく考えて見直しも必要かと思います。
そりゃ、ハウスメーカーにとっては、大きい方が良いのです(笑)

使い方も簡単

室内物干しワイヤーpid 4M 使用方法を説明している

ワイヤーを引っ張てきて留め具に引っ掛けます。
室内物干しワイヤーpid 4M
ワイヤーが張った状態になるように、調整しツマミでロックします。

10キロの加重まで可能です。ワイヤーの長さは4m。

使用方法は簡単なんですが、設置には注意が必要です。

pid 4Mを設置する上での注意点

設置する高さに十分注意してください

さすがに10kg荷重可といえど、ワイヤーがたわみます。なのでなるべく高い位置に設置しなければいけないのですが、高すぎるとワイヤーも張れなくなりますし、ハンガーを掛けれなくなるのです(笑)
自分の手の届く位置と相談して設置する必要があります。

壁への固定に注意してください

壁に固定する必要があります。何度も言いますが10kgの荷重が可能ですが、これは壁への固定時きちんとした施行が条件となります。
メーカーHPにもありますが「木下地に必ず固定をして下さい。石膏ボードへの固定だけでは十分に固定されません。」

木下地というのは「柱や間柱」の事になります。
壁紙の向こうの間柱は、目視で確認することが難しいです。

見えない間柱に固定したい 下地センサーがオススメです

「シンワ測定 下地センサー」なら簡単に間柱の位置を探し出すことができます。

シンワ測定 下地センサーで下地を探す

以前記事にしていますので、詳しくはこちらの記事⇩、もしくは動画をご覧ください。
【下地センサー】DIY 壁の下地探しが簡単にできる

まとめ

pid 4Mの良さが伝わると良いのですが、新築に設計した洗濯物の干し場所が案外手狭だった方もいるかと思われます。「実際はここに干せたら便利だった」なんて、そんな願いを叶えてくれます(笑)
そんな場合でもいつでも思ったところに、好きなだけ設置してみてください。

ではではっ

ブログ村ランキングで1位目指しています。ポチっとご協力ください。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント