YouTubeチャンネル拡充していきます。チャンネル登録はココからできます

無垢フローリングのメンテナンス DIYしてみた

こんばんわ、ブログ管理人のあずすなずです。

我が家は1階部分は建具を含む、ほとんどに無垢材が使用されています。
これには拘りました。なので家具なんかもそれに見合ったものを自作したのです。

DIY初心者でも簡単 おしゃれで雰囲気重視の家具作り

勿論フローリングにも無垢材を採用しています。

無垢材をフローリングに選んだ理由

新築で建てると決まったとき、第一の条件が無垢のフローリングでした。
家の中で身体に触れる部分で、常に体と接しているのは間違いなく「床」です。
フローリング以上に住人に心地良さを訴えるものはありません。住み始めて1年半以上経った今でも、その考えに揺らぎはなく、無垢材にして良かったと思います。

我が家のフローリングにはケンパスを採用しています

そんなあずすなず家のフローリングは、濃淡がハッキリしていて赤色が綺麗な「ケンパス」を採用しています。

無垢フローリングのケンパス 無垢フローリングのケンパス

一枚もののフローリングも良いのですが、こういう濃淡のメリハリがある樹種は、「乱尺」や「ユニ」の方が私は好みです。我が家は「ユニ」となります。

一概に無垢材といいましても、樹種によって違いがあります。

・幅
元々細い樹種から、幅のあるものは取れません。幅のあるものが希望であれば、樹種は限られます。
・硬さ
素足では硬いものは冷たく感じ、柔らかいものは温かく感じます。
上からものを落として凹んでしまった場合、硬い方が修復は難しく、柔らかい方が修復しやすいです。

中でもケンパスは細く、硬い部類の樹種となります。

無垢フローリングはメンテナンス必須

我が家のケンパスにはオスモカラーのクリアが塗装されています。
一般的には、無垢のフローリングは年1~2回のメンテナンスが必要で、汚れを落としたり、ワックスがけが必要になります。

我が家は年1回を心に誓ってやっています(笑)

実は結構大変です。我が家の場合は1階だけで良いにも関わらず、大変です!

準備したメンテナンス用品

これから使うOSMOメンテナンス用品

  • オスモウォッシュアンドケアー
  • オスモワックスアンドクリーナー
  • オスモポリッシングパッド

私が使ったのは以上の3点です。あとは雑巾数枚が必要です。

まずは傷の修復

子供が扇風機を倒し、床に羽が当たり傷が入りました。

無垢フローリングについた傷

結構深く傷つき目立ちます。
ポリッシングパッドにワックスアンドクリーナーを付け、軽く擦りました。

無垢フローリングについた傷の修復後

この結果には実際やってみた自分が驚きましたね!

全く痕跡を残さず修復できました。

そして全体のメンテナンス

ウォシュアンドケアー➡ワックスアンドクリーナーの順で全体のメンテナンスとなります。

いつも見慣れているフローリングなので汚れが分かりにくいですが、ウォシュアンドケアーを使って拭いた雑巾には、それなりに汚れが付いていました。

無垢フローリングのメンテナンス作業をしている子供

beforeとafterを実際に見比べると、光沢が違いました。

まとめ

マイホームに無垢のフローリングを採用される場合は、永く、美しく無垢の良さを保つ為にもメンテナンスは必須となります。

最後に。
無垢のフローリングにデメリットがあるとするなら、このメンテナンスのみです。
素足で歩くと本当に気持ちいいです!

床暖を採用する為に、無垢を諦める方もいますが
、我が家では冬も素足です(笑)

無垢材は熱伝導率が低く、冬場は暖房の熱をしばらく貯め込んでくれます。

無垢フローリングの上を裸足で生活している子供

(床暖用専用無垢材もありますが、今のところ実際にはリアル無垢とは程遠いです)

ブログ村ランキングで1位目指しています。ポチっとご協力ください。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント